新着情報

what's new

身近に感じる世界「世界がもし100人の村だったら」

出張サービスの一環で豊見城市立豊見城小学校に行ってきました!

豊見城小学校4年生の総合の時間のテーマが「国際理解」ということで、世界を身近に感じるワークショップの依頼があり、実施してきました。

ワークショップを通し、世界の多様性や世界の現状などについて体感し、識字や富の分配のワークでは、世界の現状に驚いた様子を見せた。「世界には多くの言葉があることを知った」、「一部の人が多くの富をもっている。奪い合いは嫌だ」などの感想がありました。

 

出張者:上原真紀

依頼元:豊見城市立豊見城小学校

対象および参加人数:豊見城市立豊見城小学校4年生85名、教員3名

実施場所:豊見城市立豊見城小学校

実施内容:世界の現状に目を向け、世界に興味を持つきっかけとして、ワークショップ「世界がもし100人の村だったら」を実施。

  • 民族衣装、書籍・教材レンタル
  • 教材の販売