トピックス

topics

  • ホーム
  • トピックス
  • 2020年度 国際理解・開発教育指導者養成講座(中上級編)「対立から学ぼう お互いを思いやるコミュニケーション」
※終了しました! /

2020年度 国際理解・開発教育指導者養成講座(中上級編)「対立から学ぼう お互いを思いやるコミュニケーション」

 

2020年度 国際理解・開発教育指導者養成講座(中上級編)
「対立から学ぼう お互いを思いやるコミュニケーション」

開発問題を考えるうえでも、よりよい人間関係を育むうえでも、相手の気持ちやニーズを理解することは大切で、その土台がなければ、話し合いも十分に行えません。
普段みなさんが接する児童・生徒、同僚、上司等、かれらのニーズを理解するとともに、自分のニーズについても振り返ってみましょう。
様々な対立から新たな解決策が見いだせるかもしれません!

 

テーマ:自己理解・他者理解・対立解決・コミュニケーション・自己肯定感(セルフエスティーム)

日時:2021年1月9日(土)・2021年1月10日(日) 10:00〜16:00(2日間連続開催)
場所:JICA沖縄センター 二ライホール多目的室(浦添市前田1143-1)
参加費:無料
申込締切:12月26日(土)
※申込用紙に必要事項を記入し、メールFAXまたはQRコードよりお申込み下さい。

申込み用紙はこちら(PDFをダウンロード)->
申込み用紙はこちら(Wordをダウンロード)->

オンラインフォームからの申込みは下記QRコードよりお申込み下さい。

【講師紹介】

講師:中村絵乃
認定NPO法人開発教育協会(DEAR)事務局長、横浜市出身
大学卒業後(財)横浜YMCA勤務後、渡英。英国ヨーク大学院でグローバル教育の実践を学ぶ。
2000年よりDEARスタッフ。2008年より現職。
主な著書:「非戦・対話・NGO」(新評論2017年)
「子どもとできる創造的な対立解決 実践ガイド」(DEAR2014年)

【過去参加者の声】

・感情の下にある自分や相手の本当のニーズについて考える大切さを学びました。生徒の行動や言動についてよく見ておきたいとおもいました。
・誰かと対立した時にこそ、立ち止まって相手のニーズに目を向けることで新たな解決策が見えてくることがある。

  • 民族衣装、書籍・教材レンタル
  • 学習教材の販売