新着情報

what's new

  • ホーム
  • 新着情報
  • 10月30日 世界のウチナーンチュの日をコザ小学校で広めてきました!

10月30日 世界のウチナーンチュの日をコザ小学校で広めてきました!

皆さん!今日はハロウィーンの日ですが、昨日は何の日だったか知っていますか?はい、そうなんです!10月30日は沖縄県が定めた「世界のウチナーンンチュの日」です!昨日は沖縄県委託事業レッツスタディ―!ウチナーネットワーク事業の一環として、この「世界のウチナーンチュの日」を子ども達にも知ってもらうため、コザ小学校にて出前講座を実施しました。

体育館に集まってくれたコザ小学校の4年生と6年生の皆さんに、まず県知事の動画メッセージを見てもらい、次に沖縄海外移民の歴史をさどやんさんの愉快な紙芝居を通して学んでもらいました。その後はスカイプを通して、コザ小学校の子ども達をブラジルとペルーの人達につなげました。コザ小学校の子ども達は地球の反対側にいるブラジルの子ども達に向け、いつも学校に持っていく物や流行りの遊びなどを質問、ブラジルの子ども達は、カバンの中に入っている物を取り出して見せたり、流行りの遊びをカメラの前でやってみせるなど、身振り手振りで質問に応えていました。まさに日本とブラジルの子ども達がつながった瞬間を感じました。


【沖縄移民の紙芝居】愉快な紙芝居に見入るコザ小学校の4年生と6年生↑


【スカイプ中継】ブラジルの子ども達に手を振る様子↑

後半にはコザ小学校の子ども達が三線や空手、エイサーを披露するなどして、ブラジルやペルーの人達を喜ばせました。最後はお互いがスカイプ越しにカチャーシーを踊り、楽しげな雰囲気の中、出前講座が締めくくられました。今日の学びや繋がりを通して、コザ小学校の子ども達に、地球の反対側に住む人たち、そして自らも世界のウチナーンチュの一人であることに気づいてもらえたと思います。


【沖縄の伝統芸能を披露】ブラジルやペルーの皆さんに向けてエイサーを披露する6年生↑


【皆でカチャーシー】ブラジルやペルーの皆さんも一緒に踊りだす↑

新しい記事

  • 民族衣装、書籍・教材レンタル
  • 教材の販売